風俗嬢は新人を選べ

極めつつありますね、彼女

極めつつあるのは自分ではありません。お気に入りのS嬢です。彼女のあの実力は、はっきり言って相当なレベルだと思うんです。それは初対面の頃から思っていたんですけど、何度もリピートするようになると、さらにこちらの満足の理想に近づいてくるというか、「自分を満足させること」に関しては彼女は極めつつあるんじゃないかなって思うレベルですよね。それくらい彼女のあの実力は相当なものがありました。だから、風俗を楽しみたいって思った時、最近は彼女以外の選択肢がないんですよ(笑)彼女以外を連想しないというか、もはや風俗=彼女と言っても過言ではないくらい、今では彼女が一番かなって気持ちになっているんですよね。だから風俗に関しては、最近では彼女以外の選択肢が無くなっていますけど、でもそれで何の不便も感じていないので、自分としてはそれはそれでとっても楽しいのかなって思っていますし、こうして一人の女の子と楽しみ続けるのも悪くはないのかなって。

真面目じゃないんです、自分

会社内でも「真面目」との評判で通っているのは、あまり浮ついた雰囲気もなく、かといって冗談が通じるでもなく、いわばコミュ障ギリギリくらいだからこそ、他に褒める言葉がないので「真面目」なんでしょうね(苦笑)でもいいんです。本当は真面目じゃないことくらい自分が一番よく分かっていますし、周囲の「真面目」と言うイメージを守ろうって気持ちも全然ありません。何せ自分の趣味は風俗ですしね。仲間内でさえ自分が風俗が大好きって言うと驚かれるんですけど、風俗が大好きなことに理由なんて必要ないじゃないですか(笑)好きなものは好きなんです。それ以上の理屈なんて必要ないんじゃないかなって思うんですよ(笑)だからこそ、風俗は自分の中で特別なんです。楽しむ時にはしっかりと調べてから足を運ぶようにしていますし、女の子とのコミュニケーションを重視して、女の子の気持ちを尊重したうえでのプレイを楽しむように心がけているんですよね。